本文へスキップ
プール監視員の道
HOME > プール監視の事故と歴史水難事故の発生件数 > 2017年(平成29年)プール事故事例の一覧

2017年(平成29年)プール事故事例の一覧

平成29年に報道されたプールにおける重大事故の一覧です。
  今後の事故防止の為に参考になれば幸いです。
平成29年プール事故事例の一覧(平成29年06月03日更新)
・発生日時
 平成29年3月25日

・発生場所
 石川県金沢プール 飛び込みトレーニング室「ピット」(スポンジプール)
・事故の概要及び状況
 トレーニング室で1.5メートルの固定台から深さ1.8メートルの「ピット」に飛び込んだ際、「ピット」の底に足を打ち付けた。
・容体・事故概要
 中学1年の女子が飛び込んだところ、飛び板から3.3メートル下のコンクリートに底に足を打ち、両足を骨折。
 重大な事故でありながら、事故発生時に大けがでありながら救急車を手配していない。また、市への報告が4日後であった。
・その他
 事故が発生した飛び込み練習施設は、国内初の水を使わない飛び込み練習施設。水の代わりにスポンジが敷き詰めてある。
 日本水泳連盟の安全規定で「ピット」の底に30〜50cmのマットが敷くことになっていたがマットが設置されていなかった。
・発生日時
 平成29年4月28日午後5時ごろ

・発生場所
 静岡県下田市 屋内温水プール
・事故の概要及び状況
 男子更衣室に設置された水着用脱水機
・容体・事故概要
 小2男児が脱水機から脱水した物を取り出そうとした際、水着用脱水機に右腕を巻き込まれ、3カ所を骨折する重傷。
 脱水機のブレーキが故障していた。
・その他
 脱水機は、職員が約1週間前に点検した際、不具合(停止に10秒以上かかった)を認識していた。しかし、対策を取っておらず、業務上過失致傷の疑いで捜査。
 
 この事故事例に関するページは、管理人の許諾する範囲で印刷しての資料として使用(配布を含む)が出来ます。詳しくは、「サイトについて」をご確認下さい。
「関連するブログ記事については」のリンクは、本ページに記載のない補足事項やや注意点。関係事故の紹介があるもの関してのみリンクを作成しています。

このページの先頭へ