本文へスキップ
プール監視員の道
HOME > プール監視の事故と歴史水難事故の発生件数 > 2015年(平成27年)プール事故事例の一覧

2015年(平成27年)プール事故事例の一覧

平成27年に報道されたプールにおける重大事故の一覧です。
  今後の事故防止の為に参考になれば幸いです。
平成27年プール事故事例の一覧
・発生日時
 平成27年1月8日午後4時55分ごろ

・発生場所
 神奈川県藤沢市 スミングクラブ
・プールの概要及び状況
 25メートルプール
 同じレーン内に他に18人が利用。
 児童は他の児童9人とともに指導を受けていた。
・監視体制
 インストラクター2名が指導を行っていた。
・要救助者
 小学1年生の男子児童 6歳
・容体・事故概要
 プールの底に沈んでいる状態を発見。
 一時心配停止。施設従業員による心臓マッサージなどで呼吸・脈が戻り病院へ搬送。意識不明の重体。
・発生日時
 平成27年6月26日午前

・発生場所
 岐阜県多治見市 市立中学校
・プールの概要及び状況
 水深1.1メートル
 体育の授業中
・監視体制
 担当教諭が生徒を指導
・要救助者
 中学3年生の男子児童 14歳
・容体・事故概要
 高さ30センチメートルのスタート台(飛び込み台)からプールに飛び込み、プールの底に頭をうったとみられる。
 救急搬送され、命に別状がないもの頸椎(けいつい)骨折などの重傷。全身がしびれた状態。
・その他
 平成29年7月 市は教師の責任等を認め賠償金支払い等で大筋合意。
・発生日時
 平成27年7月14日午前11時40分ごろ

・発生場所
 長野県 県立高校のプール
・プールの概要及び状況
 25メートルプール、事故場所の水深1.3メートル
 生徒40人、教師2名
・要救助者
 高3男子生徒(17歳)
・容体・事故概要
 意識があるが、首の骨を骨折。
 平泳ぎの練習中、飛び込み台からプールに飛び込み、プールの底に頭をうったとみられる。
 水中でがいていたところを教師とほかの生徒がプールサイドに引き上げ、病院に搬送された。
・発生日時
 平成27年7月29日午後2時35分ごろ

・発生場所
 千葉県市川市 大学構内の屋外プール
・プールの概要及び状況
 競泳用50メートルプール
・監視体制
 不明
・要救助者
 男子大学生
 搬送先の病院で死亡
・容体・事故概要
 意識を失っている状態を他の遊泳者が発見。
 プールサイドに引き上げた。
 搬送先の病院で約1時間半後に死亡。
・その他
 プールは一般開放期間中で、学生と教職員が自由に泳ぐことができた。
・発生日時
 平成27年8月1日午後6時12分ごろ

・発生場所
 新潟市西区 流水プール
・プールの概要及び状況
 流水プール 水深1.1メートル
 40名程度がプールを利用
・監視体制
 職員が1名
・要救助者
 80代男性
・容体・事故概要
 プールで浮いているのが発見。プールから引き上げ、心臓マッサージを行い救急隊に引き渡された。
 搬送先の病院にて死亡が確認された。
・発生日時
 平成27年8月1日正午ごろ

・発生場所
 奈良橿原市 市営プール
・プールの概要及び状況
 水深1.25メートル(1.1〜1.3メートル)
・監視体制
 監視員 1名
・要救助者
 6歳男児
・容体・事故概要
 プールの底に沈んでいるのが見つかり、搬送先の病院で9時間後に死亡した。
 男児は身長120センチであり、身長より深い地点であった。
・その他
 プールには年齢や身長による制限はなかった。
・発生日時
 平成27年8月2日午後2時半ごろ

・発生場所
 愛媛県四国中央市 市民プール
・プールの概要及び状況
 造波プール 水深1.2メートル地点
・監視体制
 造波プールに4名の監視員
・要救助者
 5歳男児
・容体・事故概要
 水深1.2メートルのプールの底に沈み心肺停止の状態を一般客の男性が発見。
 搬送先の病院で約1時間半後に死亡。
・その他
 母親と姉の3人で訪れていた。
・発生日時
 平成27年8月22日正午ごろ

・発生場所
 埼玉県川越市 県営プール
・プールの概要及び状況
 約50メートル、横約100メートルのハート形の造波プール
 水深0〜1.6メートルの0.97メートル地点で沈んでいた。
 事故当時、約300名が利用。波は出ていなかった。
・監視体制
 監視員 5名 (波が出ている時は11名)
・要救助者
 4歳女児
・容体・事故概要
 プールの底に沈んでいるのを男性客が発見。関心が救命処置を実施。病院に搬送。意識不明の重体。
・その他
 プールには年齢制限はなかった。
・発生日時
 平成27年8月23日午後1時45分ごろ

・発生場所
 福岡県八女市 レジャー施設
・プールの概要及び状況
 水深1.2メートルの地点
・監視体制
 監視員 8名
・要救助者
 4歳男児
・容体・事故概要
 水面にうつぶせの状態で浮いているのを女性客が発見。
 病院に搬送。一時意識不明であったが命に別状ない。
 ・発生日時
 平成27年8月24日正午ごろ

・発生場所
 埼玉県越谷市 県営プール
・プールの概要及び状況
 水深0.7〜1.2メートルの変形プール
 水深1.2メートル地点
・監視体制
 不明
・要救助者
 72歳男性
・容体・事故概要
 缶ビール1本と缶チューハイ1本を飲酒後、事故発見10分前にプールに入った。
・その他
 飲酒しての遊泳は自粛要請のみ。禁止はされていなかった。
 この事故事例に関するページは、管理人の許諾する範囲で印刷しての資料として使用(配布を含む)が出来ます。詳しくは、「サイトについて」をご確認下さい。
2016年(平成28年)プール事故事例の一覧 へ
2014年(平成26年)プール事故事例の一覧 へ

このページの先頭へ