本文へスキップ
プール監視員の道
HOME > プール監視の事故と歴史水難事故の発生件数 > 2020年(令和2年)プール事故事例の一覧

2020年(令和2年)プール事故事例の一覧

2020年(令和2年)に認知されたプールにおける重大事故の一覧です。
  今後の事故防止の為に参考になれば幸いです。
2020年(令和2年)プール事故事例の一覧(2020年1月31日更新)
・発生日時
 2020年1月9日午後5時半ごろ

・発生場所
 東京都江東区のスポーツ施設の屋内プール
・プールの概要及び状況
 センター主催の「こども水泳教室」の小学生対象の初心者コース。
 水深1.2メートルのプールに沈めた高さ40センチの台の上で、水に慣れる練習をしていた。
 教室開始の約30分後に男児が溺れているのに男性指導員が気付いた。
 水泳教室は小学1〜6年生で計47人。初心者クラスは小学生の男女14人が参加し、指導員は1人だった。
・監視状況
 「こども水泳教室」の実施事業者が指導者4人態勢で講習を行っていたほか、プール内には監視員も配置していた。
・要救助者
 小学1年男児(7歳)
・容体・事故概要
 一時意識の重体であったが12日午後に意識を回復した。
 
 この事故事例に関するページは、管理人の許諾する範囲で印刷しての資料として使用(配布を含む)が出来ます。詳しくは、「サイトについて」をご確認下さい。
「関連するブログ記事については」のリンクは、本ページに記載のない補足事項やや注意点。関係事故の紹介があるもの関してのみリンクを作成しています。
2019年(令和元年)プール事故事例の一覧 へ
このページの先頭へ