本文へスキップ
プール監視員の道
HOME > プール監視の事故と歴史水難事故の発生件数 > 2022年(令和4年)プール事故事例の一覧

2022年(令和4年)プール事故事例の一覧

2022年(令和4年)に認知されたプールにおける重大事故の一覧です。
  今後の事故防止の為に参考になれば幸いです。
2022年(令和4年)プール事故事例の一覧(2022年05月18日更新)
・発生日時
 2022年1月30日午後8時ごろ

・発生場所
 埼玉県越谷市増林の市民プール
・プールの概要及び状況
 25メートル
 遊泳と歩行コース全8レーン
 水深100〜120cm
・要救助者
 50代女性
・容体・事故概要
 休憩時間でプールから出るよう場内放送が流れた際、監視員が水深1メートルの歩行コースにて水面に顔をつけて手足をバタバタと動かしている女性を発見し救助。
 意識はなく呼吸がわずかにあったため、自動体外式除細動器(AED)を使用して電気ショック必要なしと診断されたため、職員が心臓マッサージを実施。
 駆けつけた救急隊に病院に搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

 プールは新型コロナウイルス感染防止のため1日4回制(最大40人まで)。事故当時は約15人が利用していた。
・発生日時
 2022年2月20日午後0時53分ごろ

・発生場所
 埼玉県朝霞市浜崎の市立健康増進センター「わくわくどーむ」の流水プール
・プールの概要及び状況
 流水プール(全長約110メートル、幅約4メートル、水深約1メートル)
 25メートルプール
 幼児用プール
 リハビリ用プール、の4施設
・要救助者
 3歳男児
・容体・事故概要
 事故があったプールは、指定管理者として民間会社「明治スポーツプラザ」に委託された施設。
 溺れた男児は父母と妹の4人で同センターを訪れていた。
 事故があった流水プールは、ポンプの故障のため流水は停止していた。

 男児が溺れているのを利用者とプール監視員らが発見。監視員らが水を吐かせるなど救命措置を行った後、救急車で和光市内の病院に搬送された。
 男児は意識はあり、経過観察のため入院。
・発生日時
 2022年4月5日

・発生場所
 ベトナム南東部のリゾートホテルのプール
・プールの概要及び状況
 子供用プール 水深約1メートル
・要救助者
 10歳男児
 身長 約1メートル40センチ
・容体・事故概要
 子供用プールの排水口(縦40×横40センチ)に背中を吸い込まれ身動きが取れなくなり、溺水により死亡したとみられる。
 地元当局の発表で排水口と男児の死亡には因果関係がないとし、遺族は原因究明を地元当局などに求めている。
・発生日時
 2022年5月13日

・発生場所
 沖縄本島南部のホテルのレジャープール
・要救助者
 66歳女性
・容体・事故概要
 水面にうつぶせの状態で発見され、心肺停止の状態で本島中部の病院へ搬送された。
 この事故事例に関するページは、管理人の許諾する範囲で印刷しての資料として使用(配布を含む)が出来ます。詳しくは、「サイトについて」をご確認下さい。
「関連するブログ記事については」のリンクは、本ページに記載のない補足事項やや注意点。関係事故の紹介があるもの関してのみリンクを作成しています。
2020年(令和2年)プール事故事例の一覧 へ
このページの先頭へ