本文へスキップ
プール監視員の道
HOME > プール監視の事故と歴史水難事故の発生件数 > 2016年(平成28年)プール事故事例の一覧

2016年(平成28年)プール事故事例の一覧

平成28年に報道されたプールにおける重大事故の一覧です。
  今後の事故防止の為に参考になれば幸いです。
平成28年プール事故事例の一覧(平成29年03月06日更新)
・発生日時
 平成28年5月15日午前9時50分ごろ

・発生場所
 岡山県倉敷市 小学校プール
・プールの概要及び状況
 155センチのフェンスを登り、誤ってプールに転落した可能性がある。
・容体・事故概要
 プールに浮いているの状態で発見。その後、死亡した。
・その他
 プールのフェンスに破れた箇所はなく、施錠されていた。
・発生日時
 平成28年7月10日午後2時半ごろ
・発生場所
 岡山県津山市 市営プール
・滑り台の概要及び状況
 全長8.8メートル、幅3.8メートル、傾斜20度。斜面の下の方で直径8ミリのネジが3ミリほど突き出ていた。
・容体・事故概要
 小6女児 右かかと外側を6針縫う大けが、小2男児 右尻を2〜3センチの裂傷、別の男児 かかとを負傷
・その他
 原因となった滑り台は、先月補修工事を行ったばかりだった。

関連するブログ記事については、
プールの滑り台で大けが含む子ども3人がけが。ネジが3ミリ突き出る
 ・発生日時
 平成28年7月14日午前

・発生場所
 東京都 高校プール
・プールの概要及び状況
 水深1.1メートル
・監視体制
 不明
・要救助者
 高校3年生の男子生徒(18)
・容体・事故概要
 水泳の授業中で飛び込んだ際、首を骨折。胸から下がまひ。
 授業では、保険体育の男性教諭が水深が浅いプールにおいて不適切な飛び込み指導を行い事故が発生した。

関連するブログ記事については、
東京都墨田工業高校においてプールに飛び込み首を骨折。不適切な飛び込み指導。
・発生日時
 平成28年7月15日午後5時20分ごろ

・発生場所
 鳥取県 町立小学校のプール
・プールの概要及び状況
 水深0.9メートルの地点
・要救助者
 小学6年生の女子児童(12)
・容体・事故概要
 水泳の課外授業で飛び込んだ際、頭をプールの底に強打して頚髄損傷。
 6日間入院の後、平成29年3月の時点で手足のしびれによりリハビリ中。
 校長把握のもと、教諭の指導でフラフープに向かって飛び込む練習をしていた。後になり事故前日にも他の女子児童がプールの底に頭を打っていたが、担当教諭が報告していなかった。
 後の事故調査委員会の報告書において「不適切な指導が事故を招いた」と非難。また、学校の対応について「児童みずからが起こした『不慮の事故』」として処理しようとした」と指摘。「隠蔽とも疑われる態度に終始した」と非難しました。
・発生日時
 平成28年7月21日午後1時ごろ

・発生場所
 栃木県那須塩原市 認定こども園のプール
・プールの概要及び状況
 縦9.5×横5.5メートル
 水深最大65センチ
 園児33人が利用
・監視体制
 見守りの職員2人
・要救助者
 身長は110センチの5歳女児
・容体・事故概要
 プール遊びを始めて約10分後にうつぶせで溺れている女児を発見。
 職員の救護処置で呼吸を取り戻し、病院に搬送された。
 翌22日午後に意識を回復。

関連するブログ記事については、
栃木県那須塩原市認定あけぼのこども園 5歳女児がプールで溺れ重体
・発生日時
 平成28年7月24日午後0時55分ごろ

・発生場所
 千葉県富津市 富津公園ジャンボプール
・プールの概要
 競泳用プール 長さ50メートル、水深1.2〜1.9メートル
・プールの状況
 50人ほどが利用
・監視体制
 不明
・要救助者
 50代とみられる男性
・容体、事故状況
 立ち泳ぎのような態勢で動かなくなっていて、水面に顔をつけて浮いているのを監視員が発見。
 直前まで監視員が泳ぐ姿を確認していた。
 病院に搬送されたが意識不明の重体。
・発生日時
 平成28年7月29日午前11時半ごろ

・発生場所
 奈良県橿原市 市営プール
・プールの概要
 競泳用プール 長さ50メートル
 、水深1.5〜1.8メートル
・プールの状況
 不明
・監視体制
 不明
・要救助者
 21歳の大学生
・容体、事故状況
 プールの底に沈んでいる男性を監視員が発見。意識不明の重体。
・その他
 大学生は教員採用試験の水泳の実技試験に向け、教員と同級生6人と泳ぎの練習に来ていた。
・発生日時
 平成28年6月29日〜7月8日

・発生場所
 奈良市 小学校プール
・受傷者
 プール授業を受けた小1から小5の児童 40人。
 足の裏にすり傷など。
・事故状況
 プールの底に沈んでいる男性を監視員が発見。意識不明の重体。
・その他
 36年経過したプールの底。コンクリートの床面が数十か所は剥がれていた。
 学校側は6年前から市に改修要望を出していた。

関連するブログ記事については、
奈良市立神功小学校プールで児童40人が足の裏にケガ プール底が劣化
・発生日時
 平成28年8月14日午後2時ごろ

・発生場所
 高知県南国市のレジャー施設
・プールの概要
 円形の造波プール 直径58メートル
、水深:最深部1.3メートル、発見場所1.2メートル付近
・プールの状況
 不明
・監視体制
 不明
・要救助者
 4歳男児
・容体、事故状況
 プールの中央付近、水深約1.2メートル付近に沈む男児を利用客が発見
 病院に搬送されたが3時すぎに死亡が確認された。
・その他
 男児は1人でプールに入り、溺れたとみられている。
 家族5人で来場し、着替えて家族とシャワーを浴びている途中で走っていなくなり家族が探していた。

関連するブログ記事については、
高知県南国市のレジャー施設 造波プールにて4歳男児が溺れて死亡
・発生日時
 平成28年8月21日午後1時と2時ごろ

・発生場所
 東京都のテーマパーク
・プールの概要
 造波プール 幅20メートル
 水深:0〜1.4メートル
・プールの状況
 70cmの波が出る時間帯で満員電車のように非常に混雑していた。
・監視体制
 監視員約20人
(報道により19人と異なる)
・被害者
 女性9名
・容体、事故状況
 尻または背中にカミソリのようなもので切られ軽傷。10cm程切られた女性もいるもよう。
・その他
 施設は入園者数は約1万4千人で今年4番目に多かった。
 以前より混雑する波の出る時間帯に痴漢被害が相次いでいた。

関連するブログ記事については、
サマーランド切りつけ事件 プールの女性客9名が尻や背中を切られる
 ・発生日時
 平成28年8月25日午前11時40分ごろ

・発生場所
 仙台市の県立高校プール
・プールの概要
 長さ25メートル、幅16メートル、水深1.2〜1.4メートル
・プールの状況
 3時限目の授業中
 男子生徒23人、担当の男性教諭1人がプールに入り水球をしていた。
・監視体制
 不明
・要救助者
 17歳の高校2年の男子生徒
・容体、事故状況
 プール中央付近の水底にあおむけの状態で生徒と教諭が発見。
 引き上げた時には意識がなく重体。
 
 この事故事例に関するページは、管理人の許諾する範囲で印刷しての資料として使用(配布を含む)が出来ます。詳しくは、「サイトについて」をご確認下さい。
「関連するブログ記事については」のリンクは、本ページに記載のない補足事項やや注意点。関係事故の紹介があるもの関してのみリンクを作成しています。

このページの先頭へ