本文へスキップ
プール監視員の道
HOME > プール監視の事故と歴史水難事故の発生件数 > 2019年(令和元年)プール事故事例の一覧

2019年(令和元年)プール事故事例の一覧2018年(平成30年)プール事故事例の一覧

2019年(令和元年)に認知されたプールにおける重大事故の一覧です。
  今後の事故防止の為に参考になれば幸いです。
2019年(令和元年)プール事故事例の一覧(2019年7月6日更新)
・発生日時
 2019年3月16日

・発生場所
 神奈川県川崎市のフィットネスクラブの小学校プール
・プールの概要及び状況
 スイミングスクールのレッスン中
・監視状況
 2名(キッズ・ジュニアクラス対象)
・要救助者
 4歳児
・容体・事故概要
 不明
・その他(事故対策等)
 当該事故のあったフィットネスクラブは、キッズスクール等を3月17日〜3月31日まで休講。
<休講期間中の安全対策再確認実施項目>
・キッズスクールコーチへのスイミング安全指導研修の実施。
・監視員へのプール安全管理業務研修の実施。
・危機対応訓練の実施。
・ロッカー、スタジオの施設備品の安全確認。
<再開時の追加安全対策>
・スイミングマニュアルの改訂。
・プール監視員1名を増員し3名体制(キッズ・ジュニアクラス対象)。
・発生日時
 2019年6月17日午前7時30分ごろ

・発生場所
 東京都葛飾区の小学校プール
・プールの概要及び状況
 プール授業の準備中
・容体・事故概要
 教員がプールの水を殺菌する濾過機に誤って中和するための無水炭酸ナトリウムを投入。
 誤りに気付き直に塩素をを投入したところ、化学反応により塩素ガスが発生した。
 作業していた教員と駆けつけた教員の6名が目や鼻に痛みをうける軽傷。
 ・発生日時
 2019年6月29日

・発生場所
 名古屋市名東区の市営プール
・プールの概要及び状況
 温水プール
・負傷者
 小6 女児
・容体・事故概要
 プールから上がる際、プールサイドの割れたタイルに触れ、右手親指の付け根を3針縫うけが。
・その他
 割れたタイルは6月初めにひびの修理を実施。事故当日の朝にタイルの異常はなかった。
 
 この事故事例に関するページは、管理人の許諾する範囲で印刷しての資料として使用(配布を含む)が出来ます。詳しくは、「サイトについて」をご確認下さい。
「関連するブログ記事については」のリンクは、本ページに記載のない補足事項やや注意点。関係事故の紹介があるもの関してのみリンクを作成しています。
2018年(平成30年)プール事故事例の一覧 へ
このページの先頭へ